Virtual Reality Laboratory

超臨場感 & 五感情報学 / Virtual and Ultra Reality, Multisensory Informatics

池井・ヤェム研究室のWeb Page へようこそ
Welcome to Ikei & Yem Laboratory's page.

池井研は Computer Science所属となりました. / Ikei & Yem Lab is now moved to Computer Science Dpt.
情報科学科のHPでも研究内容を説明しています. / See CS webpage.

Very old English page is here. Virtual Environments Lab.---Multisensory Informatics.
池井研の研究は,こちらの研究費の補助を受けて行われています.

New!  超臨場感とバーチャル・サイボーグ/テレエクスペリエンス  (日本VR学会巻頭言2018)

五感シアター

(FiveStar: Multisensory theater) フルダイブの実現を目指す現実的マシン



池井研では超臨場感を生成するために様々なデバイス/インタフェースを 統合した「五感シアター(FiveStar)」を構築しています. (現在,日野キャンパス5号館102室で開発中)下にありますように,Siggraph Asia 2018で最優秀賞を受賞しました.(VRonWebMedia様による紹介)

多くの感覚情報を合成し,高い臨場感の体験を提供できるようになると, 各種トレーニング,バーチャル旅行,高齢化社会における生活の質の向上など, 多くの面での社会的貢献が期待されます.また,人間の多感覚情報に対する 受容特性を明らかにすることは,学術的に大変面白いテーマでもあります.

本研究の本当の目的は,身体的な追体験によって,身体技能という暗黙知を伝え,その場でなければわからない状況を五感に伝達することです.身体的追体験については,こちら をご覧ください.これを実現するには,完全に他者や別の身体に"フルダイブ"することが必要で,それには身体スキームの変換がポイントです.そうすれば実際の身体の姿勢は何でもよくなります.また同時に,身体は受動的運動を「直伝者」から受け取る必要があります.

TwinCam Go

遠隔リアルタイム全天周立体視システム---遠隔地への没入

TwinCam Go


TwinCam Goは,リアルタイム全天周立体視システムTwinCamをSegwayに搭載し, 本システムは,DCAJ/経産省の Innovative Technologies (DCEXPO 2018) にて表彰されました.この研究の発展型のシステムは,Siggraph Asia 2019 (Brisbane) のEmerging Technologiesにて展示されます.

このシステムは,全天周をTwinCamの特性としての映像遅延の補償と運動ぼけの除去の機能を,Segwayによる移動視点に統合したものです.これにより,Segway操縦者とほぼ同じ視覚体験をすることができます.これにより,遠隔保守作業,インフラ点検作業,あるいはライブの遠隔旅行参加ができるようになります.今後,5G通信の環境が整備されれば,高画質の映像体験が可能となります.しかし,その際に,身体から切り離された視覚が,実際の身体と無関係の移動をすると映像酔いが発生するため,身体フィードバックが不可欠となります.左の五感シアタ―は,他者の運動状態を体験させるものであり,その機能を使えば,映像酔いを発生することなく,遠隔地のライブ体験が可能となります.

デジタルコンテンツエキスポ展示



池井研では,デジタルコンテンツエキスポへの展示を行ってきました. 経済産業省とデジタルコンテンツ協会(DCAJ)の主催による Innovative Technologies において,池井研の技術は優れたコンテンツ技術として表彰されました('12,'17,'18)
2018年のテーマは,「TwinCam Go : 全天球立体映像と回転制御椅子による搭乗感覚のリアルタイム共有」です.
2017年のテーマは,「TWINCAM:全天球リアルタイム立体視テレプレゼンスシステム」です.
2012年のテーマは,「追体験のためのバーチャル身体技術」です.多数の一般の方に「観光地ミラノの散歩」と「人類最速の身体感」の2つのコンテンツを五感シアターによる超臨場感としてご体験いただきました.NHK「おはよう日本」でも放映されました.
 2011年のテーマは,「超臨場身体感覚」です.
 2010年のテーマは,「五感メディアによる超日常空間」です.
 2009年のテーマは,「触覚と記憶の超臨場体験」です.内容は,ハリーポッターのような魔法の世界をARで構成したものです.
 2007年は,DCEXPOの前のAsiagraphとして実施され,研究室の紹介を展示しました.

*池井研の五感シアターは,人間の五感への統合感覚を提示する 新しいVRのインフラストラクチャです.
*FiveStar VR は,投稿81件中の第一位となりました.FiveStar(五感シアター)は,多感覚の刺激を提示することにより,別の空間における他者の体験を追体験可能とするVRディスプレイです.この技術展示では,トロント・ナイアガラの旅行を追体験していただけるコンテンツを公開しました.

Page Top


五感シアター(FiveStar VR)は,Siggraph Asia 2018にて,最優秀Virtual and Augmented Reality 賞を受賞しました.

*これは,Siggraph Asia 2018に投稿された紹介ビデオです.

 


Siggraph Asia 2018のVRonWEBMEDIAさまによる紹介! こちらです.


Page Top


電気刺激によるLeg-Jack (歩行感覚合成)は,Siggraph Asia 2018, Emerging Technologies に採択されました.


*これは,Leg-Jackの紹介ビデオです.

*全天周リアルタイム立体視システム TwinCam をSegway に搭載したTwinCam Go は,DCAJのInnovative Technologies 2018 を受賞しました.

Slide1
*TwinCam Go @ Innovative Technologies 2018

TwinCam Go の YouTubeの紹介映像です.

Page Top


Telepresenceの研究は, こちらに 紹介があります.

*TwinCam Go は,最先端表現技術利用推進協会の羽倉賞奨励賞を受賞しました.
Theta360.guide における TwinCam Go の紹介記事(英語)です.

*TwinCam introduction by theta360.guide 2018

Page Top


*全天周リアルタイム立体視システム TwinCam は,Siggraph 2017 Emerging Technologies に採択されました.

*これは,Siggraph 2017に投稿された紹介ビデオです.

 

Siggraph 2017 Emerging Technologies: Twincam (https://dl.acm.org/citation.cfm?id=3084831&dl=ACM&coll=DL)
IEEE Virtual Reality 2019: Live Stereoscopic 3D Image ... (https://ieeexplore.ieee.org/document/8797876)

*TwinCam Go は,ビジュアルメディアエキスポ2018 にURCF (超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム)の代表の1つとして招待展示されました.

*TwinCam Go 紹介用ポストカード

*池井研 紹介用ポストカード

Page Top




*池井研を代表して池井が羽倉賞奨励賞を受賞しました.



*池井研の五感シアタ―がNHKおはよう日本で生中継されました.

*池井研五感シアタ―のNHK総合での紹介の様子

* NHKおはよう日本で放映された池井研のミラノ旅行追体験.

*池井研五感シアタ―のミラノ旅行追体験の様子

Page Top


*San FranciscoやStanford大学での旅行追体験のロケハンの様子.

*霧に霞むGolden Gate Bridge (左)とStanford 大学(右)での旅行追体験のロケハンの様子.4GポケットWiFiの通信帯域では連続映像転送はほぼ不可能であった.


池井研の就職内定先の例(順不同)

  • ソニーイメージングプロダクツ,ソニーインタラクティブエンタテイメント,キャノン,野村総研,ソニ―ネットワークコミュニケーションズ,トヨタ自動車,日産,本田技研工業,スズキ自動車,コロプラ,日立,NEC,NTT東日本,日立ソリューションズ,丹青社,富士ゼロックス,オリンパス,ソフトバンク,東京電力,NHK,NTTデータ,パナソニック,ヤフー,古川電工,高砂熱学,グローリー,SCSK,大日本印刷,東日本旅客鉄道,日本IBM,デンソー,ダイキン,,

*Sponsors

Page Top


Page Top