Ikei Laboratory

Virtual Reality and Ultra Reality / 超臨場感 & 五感情報学

[ 大学院学生募集中 ]

池井研は平成30年度から 情報科学科・学域 (Computer Science)所属となりました。

学科のHPで研究内容を説明しています.

少し古いホームページはここ.
Old English page is here. Virtual Environments Lab.---Multisensory Informatics.

五感シアター

(FiveStar: Multisensory theater)



 池井研では超臨場感を生成するために様々なデバイス/インタフェースを 統合した「五感シアター(FiveStar)」を構築しています. (現在,日野キャンパス5号館102室で開発中)

 多くの感覚情報を合成し,高い臨場感の体験を提供できるようになると, 各種トレーニング,バーチャル旅行,高齢化社会における生活の質の向上など, 多くの面での社会的貢献が期待されます.また,人間の多感覚情報に対する 受容特性を明らかにすることは,学術的に大変面白いテーマでもあります.

*本技術は,情報通信研究機構(NICT)の受託研究として開始され,現在は,*科学研究費補助金の支援を受けて開発されています.

DCEXPO2012



 経済産業省の Innovative Technologies において,池井研の技術は優れたコンテンツ技術として採択されました.DCEXPO2012 (Digital Contents EXPO) において表彰されました.

  • 日時:10/25~10/27(大盛会にて終了)
  • 場所:日本科学未来館

 本年度のテーマは,「観光地ミラノの散歩」/「人類最速の身体感」. 五感シアターを用いた超臨場感体験コンテンツとして,多数の一般の来館者の方々に ご体験いただきました.NHK「おはよう日本」でも放映されました!

詳細はコチラ ≫

*本技術は,情報通信研究機構(NICT)の受託研究として開発されました.

記憶学習支援

(Digital Learnig Environments)



 記憶学習支援のためのデジタル教科書の「機能」の研究開発を行ってきました. 池井研では,空間情報を利用する電子記憶術(Spatial Electronic Mnemonics, SROM) と呼ぶ支援システムを発展させ,現在タブレット端末上での

  • デジタル教科書への適用
  • 場所型・かな型・人物型の記憶の掛けくぎ実装
などを実現しています.

*本技術は,科学研究費補助金の支援を受けて開発されています.


五感シアター(FiveStar VR)は,Siggraph Asia 2018にて,最優秀Virtual and Augmented Reality 賞を受賞しました.

これは,Siggraph Asia 2018に投稿された紹介ビデオです.

 


電気刺激によるLeg-Jack (歩行感覚合成)は,Siggraph Asia 2018, Emerging Technologies に採択されました.


これは,Leg-Jackの紹介ビデオです.

Telepresenceの研究は, こちらに 紹介があります.

*TwinCam Go は,最先端表現技術利用推進協会の羽倉賞奨励賞を受賞しました.
Theta360.guide における TwinCam Go の紹介記事(英語)です.



全天周リアルタイム立体視システム TwinCam は,Siggraph 2017 Emerging Technologies に採択されました.

これは,Siggraph 2017に投稿された紹介ビデオです.

 


全天周リアルタイム立体視システム TwinCam をSegway に搭載したTwinCam Go は,DCAJのInnovative Technologies 2018 を受賞しました.

Slide1
*TwinCam Go @ Innovative Technologies 2018
YouTubeの紹介映像です.

TwinCam Go は,ビジュアルメディアエキスポ2018 にURCF (超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム)の代表の1つとして招待展示されました.

*TwinCam Go 紹介用ポストカード