Virtual body technology for reliving the experience of others

Tokyo Metropolitan University, The University of Tokyo, NTT

マイナビニュース!

本年度も,首都大学東京(池井研),東京大学,NTTのグループで参加しました.池井研の技術は,経産省 Innovative Technologies 表彰を受けました.

  • 日時:10/25(木)~10/27(土)
  • 場所:日本科学未来館

DCEXPO公式サイト »

※ 本研究プロジェクトはNICT(独立行政法人 情報通信研究機構)の支援を受けて実施されました.



 バーチャル身体技術とは,他者の行動を記録して五感に再生提示することにより,疑似能動的に追体験を 楽しむための技術です.これは,

  • 多感覚情報の同時提示
  • 多感覚情報の相互作用
  • 能動的運動感覚誘起
などに関する技術から構成されています.多感覚情報とは,従来から利用されている視覚,聴覚に加えて,嗅覚, 前庭感覚,力触覚,風覚などの感覚を含む感覚群に関する情報です.これらを同時に提示すると,各情報に対す る受容の特性は単独の場合と異なったものとなり,このような相互作用を考慮した提示を行う必要があります.

 これまでにもさまざまな臨場感を扱ってきましたが,本年度は特に「体験者自身の能動的な運動感覚に関する表現」 に挑戦します.これは,記録された他者の体験情報を用いながら,あたかも自分が体験したかのような臨場感を 得られることを目指す技術です.

 会場で体験可能なコンテンツは「ミラノ(観光地)の散歩」と「人類最速の身体感」の2本立てです.それぞれ, 「旅行の追体験」,「陸上競技の追体験」となりますが,ミラノに旅行に行った気分になりたい方,100mを9秒台で 走ってみたい方は是非,会場へ体験しに来てください.

紹介ビデオはこちら.
五感追体験メディアについて[pdf 156KB]